くりっく365の取引時間

くりっく365の取引時間

くりっく365で取引を始めるために注意しておく必要がある点として、取引時間が挙げられます。投資家として専門に取引をしている方でない限りは仕事の合間や出勤前、就寝前、週末にFXの取引を行うというケースがもっとも多く見られます。

 

やはり取引することのできる時間が限定されていると、不便さはともないます。また、生活時間と取引時間のリズムが合わなければ、大事な取引場面で取引をすることができないということも考えられ、損失を招く可能性もあり得ます。

 

このような事態にならないためにも、自分の生活時間とくりっく365の取引時間のパターンが合っているかどうかといった確認は、事前にしておく必要があります。くりっく365で取引することのできる時間は、月曜日の午前7時10分から翌朝の6時55分までとなっています。

 

火曜日から木曜日までは午前7時55分から翌朝の6時55分までであり、金曜日は午前7時55分から翌朝の6時までとなっています。ただし、サマータイム期間中については多少異なる場合があります。

 

時間帯を見ることによってわかりますが、朝の1時間程度は取引することができない時間帯もありますから、朝に取引をしたい場合には多少の不便も感じられます。反面、夜に取引を行う場合には特に不具合や不便さもありませんが、週末だけ時間があるというときには週末の午前6時までしか取引することのできる時間がないため、やはり不便さがあります。

 

そのほかプレオープン時間、バッチ処理時間というものがあります。プレオープン時間とバッチ処理時間はログインすることができるものの、プレオープン時間についてはレートが表示されていて発注だけすることができ、取引をすることはできません。

 

ただし、その時間帯に発注されたものについては、取引が開始されてから処理されるようになっています。プレオープン時間では発注を取り消すこともできますが、バッチ処理時間には発注も発注の取り消しもすることはできません。

 

自分の生活時間に見合う時間で取引することができるようにすることが、望ましくなります。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告