トレイダーズ証券の紹介

トレイダーズ証券の紹介

トレイダーズ証券では、くりっく365『みんなの365』が提供されています。自由にカスタマイズ可能なシステムが特徴となっており、自分専用の注文画面にて取引を行うことができます。

 

操作方法もシンプルとなっており、初心者でも安心して利用することができます。トレイダーズ証券のくりっく365では、インターネットによる注文方法のみを利用することができます。

 

インターネットによる注文は、パソコンとモバイルの両方に対応をしています。モバイルトレードは、NTTドコモ、au、SoftBank(iPhoneを含む)の、3キャリアに対応しています。

 

取引時間は対円通貨取引、クロスカレンシー取引によっても異なりますが、米国ニューヨーク州における取引時間が基準となっています。土・日・元日は休業日となっており、クリスマスには取引時間が短縮される場合があります。

 

また定期メンテナンス期間中も、取引を行うことはできません。トレーダーズ証券のくりっく365で取引可能な通貨ペアは、対円通貨ペアで12通貨ペア、クロスカレンシー通貨ペアで11通貨ペアの、合計23通貨ペアとなっています。

 

ネット注文における取引手数料は1枚あたり98円(税込)、ロスカット手数料も1枚あたり98円(税)となります。必要証拠金の額は取引通貨ペアによっても異なりますが、原則として定額・固定値となっています。

 

スプレッドに関しては変動制が取り入れられており、その時のレートによって取引を行うことができます。最少取引単位は1枚あたりとなっており、1枚あたりの取引通貨単位は、通貨ペアによって1万および10万通貨となっています。

 

1回の注文における最大発注上限枚数は、通貨ペアによって300枚または500枚までとなります。おもな注文方法には、ストリーミング、成行、指値、トリガー・成行、トリガー・指値、OCO、IFD、IFD・OCOなどといった、多彩な注文方法が用意されています。

 

注文の有効期限は、無期限・期間指定・今日中・今週中・今月中となっています。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告