くりっく365の歴史

くりっく365の歴史

くりっく365の歴史は、2005年7月から始まっています。FXの取引が開始されたのは、外為法が改正された1998年からです。

 

開始された当時は、FXについて特に規制するような法律はなかったため、健全な取引を扱う業者だけでなく、悪徳業者も少なからず存在していました。FXに関連する説明を十分にしていなかったり、強制的に口座を開設させるなど、トラブルになって当然であるような営業活動をしていたのです。

 

さらに悪質な業者であると、投資家から預かっている証拠金を金融商品によって運用し、その結果として破産するなどといったように、異常な行動を繰り返すということも見られました。トラブルの発生を防止するという目的もあって、2005年にFXは金融先物取引法の対象になりました。

 

そして2007年5月に改正金融先物取引法が施行され、FX専用の公的取引所となるくりっく365が誕生し、くりっく365の歴史が始まりました。同時に金融庁への登録や顧客の資産保全、悪徳な勧誘の禁止などといった規制がFX業者に対して要求されることになり、取引を扱う業者についても厳しい審査、規則の下で監視されることとなったため、悪徳業者の数は急速に減少していきました。

 

くりっく365に参加している取引業者は、公正な業者であることを認められているということになります。個人であっても法人であっても、投資する側としては安心することができる環境となっています。

 

ただ、当初は取り扱いのある通貨が少なく、またレバレッジが低く抑えられていることなどから、徹底的に利益を追求するといった大胆な投資をするトレーダーにとっては必ずしも利用しやすいということができない部分もあります。2008年10月に通貨ペアが18ペアに増加し、デメリットとなっていたところが解消されていき、逆に税制面や透明性といったところでメリットが増してきています。

 

新規で参入する業者も増加してきていて、くりっく365はその歴史の中で着実に進化しています。口座を選ぶ際は、現段階でもっとも良いと思われる業者を選択したいものです。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告