くりっく365の税金

くりっく365の税金

2005年に日本初の公的な取引所FXとして上場したくりっく365は、厳しい資格条件を満たした会社だけが取り扱うことのできる外国為替証拠金取引です。開設以来、多くの投資家から注目され利用されている理由のひとつに、くりっく365を賢く利用することで税金が抑えられ利益が増えるという税制上の優遇措置があります。

 

給与所得がある方は1年間でFX取引の利益が20万円、所得がない方は基礎控除額となる38万円を超えると必然的に確定申告が必要となりますが、ほかの多くのFXは総所得から社会保険や生命保険などの各種控除を引いた課税所得、FXでの利益を合算した総合課税額に0%から50%の税率がかかります。しかしくりっく365では、取引によって発生した利益は雑所得となり所得とは別に徴収される申告分離課税の対象となるため、税率は所得にかかわらず20%と一律になっています。

 

つまり総所得額やFX利益額が年間で330万円を超過するのであれば、税金がお得になるということです。またほかにも、株365や金先物という商品先物取引、証券先物取引、また店頭での取引で発生した損益と差し引きすることのできる損益通算が可能です。

 

要するに、差し引き後の金額を課税申告するため、これもまた節税につながります。さらに取引で損失が生じ損益通算をした結果、損失額が膨大でその年だけでは控除することができないという場合には、その損失を翌年以降の3年間だけ申告分離課税となる商品であれば先物取引、証券先物取引で生じた利益から控除する損失繰越控除が可能となります。

 

この損失繰越控除が認定されるためには損失が生じた年、さらにその後も継続して確定申告をする必要があります。その際の税率や課税額については、将来的に税法などが変更になる可能性も考えられるため、税務署や税理士などといった専門家に問い合わせると良いでしょう。

 

このようにくりっく365は、ほかと比べても税金の優遇措置が充実しており、その評価も高いものです。FXは取り扱い業者によってスプレットやレバレッジ、手数料などが異なりますから、よく検討して業者を選びメリット、デメリットを理解した上で取引を進めると良いでしょう。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告