くりっく365のスプレッド

くりっく365のスプレッド

くりっく365におけるスプレッドとは、買値と売値における値幅のことを言います。0.01単位を『pips』というふうに呼び、いわば取引にかかるコストということになります。

 

通常の店頭FX取引の場合では、スプレッドの幅は各取り扱い業者によって、幅広く設定されています。そしてそのpipsが、業者に支払う手数料ということになります。

 

しかしくりっく365の場合では、基本的に幅は狭く、業界内で統一されているというのが特徴となります。これはくりっく365が、東京金融取引所で行われる、取引所取引となっているからです。

 

店頭FX取引の場合では、業者が手数料を無料とする代わりに、スプレッドの幅を大きく設定し、そこから利益を得るということがよくあります。そのためFX会社を通しての店頭取引というものは、不透明であるという場合が多くなっています。

 

しかしくりっく365の場合では、東京金融取引所を通しての取引となるため、その時点での正確なスプレッド幅を確認するということができます。ですから公正かつ、透明性のある取引を行うことができます。

 

くりっく365では、マーケットメーク方式と呼ばれるシステムによって、投資家にとって一番有利となるpipsが提示されています。マーケットメーク方式というのは、世界的な大手銀行や証券会社などから提示されたレートを比較して、投資家にとって一番有利となる価格を選択し、提供するというシステムのことを言います。

 

そのため投資家に対しては、必然的に一番幅の狭いスプレッドが提供されることとなります。マーケットメーカーとしては、世界的に有名なゴールドマン・サックス証券や、日本からは三菱東京UFJ銀行、野村証券などが参加をしています。

 

そして現在でも、マーケットメーカーに参加する銀行や証券会社などは増え続けています。参加金融機関が増えれば増えるほど競争率も高くなるため、投資家にとっては、より有利な条件が得やすくなっているということが言えます。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告