くりっく365の南ランド

くりっく365の南ランド

くりっく365で取引される南ランドとは、英連邦に属している南アフリカ共和国で流通しているランド(ZAR)のことをいいます。そのほかにスワジランド、レソトでも流通しています。

 

南アフリカは鉱物資源が豊かな国でありダイヤモンドと金は埋蔵量、生産量ともに世界第一位です。金の価格が上昇すると為替レートも上昇するというように、金相場の影響が大きく出ることを特徴としています。

 

そのほかにマンガン、クロム、白金などの産出量も多く、資源国通貨のひとつとなっています。また、欧米の自動車会社が生産拠点としての工場を置くなどして、ヨーロッパ経済の影響による著しい経済成長をしてきました。

 

南アフリカは政策金利が高く、南ランドは高金利通貨ということもあり、FXがブームになる中で人気が急騰し、多くの投資家が買いに走りました。くりっく365においても人気通貨となっています。

 

非常に急速な経済成長を遂げた国ではありますが、インフレ率が高いことも大きな特徴です。そのうえ民主化政策を実施しているとはいいながら、以前としてアパルトヘイトに始まる問題を抱え続けています。

 

そのため人種格差は現在でも存在しており、また犯罪率や失業率も高く、政治的にも社会的にもリスクが高いことは事実です。アフリカにおいては経済大国ですが、世界からみれば新興国でありインフラも未整備であり、長期間にわたる大規模な電力不足が問題になったこともあります。

 

このようにいろいろな問題を抱えていること、マイナー通貨であることもあり流動性は低く、乱高下しやすい傾向にあります。サブプライムローンの際に1日で10%も暴落したことは、まだ記憶に新しいところです。

 

このようにさまざまなリスクがありながらも、高金利であるということから南ランドの人気は高く、くりっく365でも注目されています。南アフリカ中央銀行の政策金利発表には注目しておかなくてはなりませんが、新興国の特徴として予想とは違った結果になることが多いことも知っておかなくてはなりません。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告