くりっく365の英ポンド

くりっく365の英ポンド

くりっく365通貨である英ポンドとは、英国であるイギリスで流通している通貨のことを言います。正式な通貨コードは、「GBP」となります。

 

くりっく365通貨における英ポンドは、値動きが激しく、ハイリスク・ハイリターンというのが大きな特徴となっています。イギリスはかつては世界有数の経済規模を誇っており、ポンドも世界中で多く流通していましたが、現在では米ドルやユーロなどに押され、流通量は世界第4位に留まっています。

 

クリック365通貨の英ポンドにおける値動きは、イギリスがEU連合に所属しているということもあり、比較的ユーロに関連した値動きをする場合が多くなっています。またユーロ圏とは関わりのない値動きをする場合には、石油の資源価格の変動が関わって来る場合が多くなっています。

 

イギリスでは北海油田において石油を産出しているため、石油価格が上昇すると、英ポンドも弱冠強くなるといった傾向があります。原油高による影響は豪ドルやカナダドルほど顕著ではありませんが、少なからず影響は受けることとなります。

 

イギリスの経済規模はアメリカやユーロ圏と比較をすると小さいですが、通貨の1日における価格変動が大きいため、トレーダーにとっては大きな利益を得ることが可能というのが魅力となっています。しかし逆を言えば、大きな損失を出す可能性が高いこととなるため、GBP/JPYの取引は、初心者にはあまり向いていないということが言えます。

 

上級者であっても、レバレッジは低めに抑えるということが重要となります。またくりっく365通貨の英ポンドのリスク要因としては、イギリスのユーロ導入や、アイルランドの動向なども挙げられます。

 

イギリスがユーロ導入決定を発表するなどした場合には、ポンドの価値が一気に下がるといった恐れがあります。また一部が隣接するアイルランドとは領土問題や政治的な衝突が絶えないため、動向をチェックするということが大切となります。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告