くりっく365の参加企業

くりっく365の参加企業

くりっく365にはいろいろな業種の参加企業があり、それぞれが違った個性を持っているので、投資家の状況によって適切なところを選ぶことができます。現在くりっく365の参加企業は23社で、その多くは証券会社と銀行系企業ですが、その他の業種から参入した企業もあり、たいへん興味深いです。

 

従来の店頭FXでは「金融先物取引法」の基準を満たしていれば参加することができましたが、くりっく365では、そのうえさらに「東京金融先物取引所」が定める参加条件を満たしていなければなりません。投資家を守るための参加条件で、純資産30億円以上などの厳しい基準が設けられているので、参加企業の信頼性は高いということができます。

 

これまでさまざまな投資を行ってきて知識もある程度ある人には証券会社系がおすすめです。証券会社系の特徴は手数料が比較的安く、さまざまなツールが用意されていることです。これに対して銀行系は、初心者にもやさしいサポート体制が整っていますが、そのかわり手数料は高めになっています。

 

店頭FXとは異なりスプレッド、スワップ、通貨ペア、取引通貨単位についてはすべての参加企業で共通です。前述のように一定以上の信頼性がある企業でなければ参加できないので、さらに信頼性の面で比較するならば、自己資本規制比率などをチェックして財務状況の健全性を見るとよいでしょう。

 

細かいサービスについては各社それぞれが個性を出しているところなので、業者を選ぶときには比較してみるとよいでしょう。もっともわかり易いのは手数料です。

 

単に手数料の安さだけを比較するのではなく、他のサービスやサポートの面も考え合わせて比較すると、どこ自分にとって向いているのかがわかります。また、各社が行っているキャッシュバックなどのキャンペーンにも目を向けてみると、それぞれの魅力がわかってきます。

 

その他に、独自に開発した取引ツールが魅力的な企業もあるなど、いろいろな面から比較してみるとそれぞれの個性が見えてきます。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告