くりっく365の香港ドル

くりっく365の香港ドル

現在日本国内でFXを扱っている企業は、400を超えているといわれています。その中で、厳しい審査や基準をクリアした歴史のある証券会社が取り扱っているくりっく365は、公的な取引所によるFX取引です。

 

2005年の取引開始以来、利用している投資家が安心して取引することのできる環境が整えられています。くりっく365通貨としては主要銘柄だけでなく、世界中の通貨が取り入れられていて、2通貨の金利差も一本値ですから安心して取引を進めることができます。

 

FX取引のなかで、香港ドルは最近注目を集めている貨幣であり、くりっく365通貨でもあります。香港やマカオで使われている香港ドルは、アメリカドルの裏付けをもって香港金融監督局の監視下で、イギリス系の香港上海銀行と香港のスタンダード・チャータード銀行、中国の中国銀行などが発行しています。

 

また、香港ドルの価格をアメリカドルに連動させるペッグ制がとられているため、両ドルは同等の価値であると容認されています。したがってアメリカドルと香港ドルは、同じように変動するということになります。

 

また、アメリカドルだけでなく、近隣となる中国の人民元の影響を受けることも多いようです。これは独裁国家である中国が自国で人民元をコントロールすることができるよう、外国人の取引に規制がかけられているのです。

 

中国で何らかの動きがあった場合、人民元の代わりに香港ドルが買われるという傾向もあります。このドルにあまり流動性はないのですが、香港は貿易都市でありほかの国の影響を受けやすいということから、その特徴を反映して多くのFX業界で取り扱われています。

 

これまで海外FXの投資対象は先進国中心とされてきましたが、最近その対象は経済成長が著しいアジアへと移行しています。香港に続いて同じアジアの主要3通貨とされる中国の人民元、韓国のウォン、そして日本初となるインドのルピーがくりっく365通貨として加わっています。

 

アクセスが困難であるとされるアジア通貨の取引が可能となり、アジア投資に選択肢が増えたことで、ますますアジアの経済発展が見込まれるでしょう。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告