くりっく365の確定申告

くりっく365の確定申告

くりっく365で確定申告を行う際には、まずは必要書類を集めることが必要となります。具体的には「申告書B第1表」「申告書B第2表」「申告書(分離課税用)第3表」「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」会社員の場合には「源泉徴収表」、そして「FXの取引経歴のわかる損益報告書」および「経費などがわかる領収書、明細書」が必要となります。

 

また損失の計上を次年度へと繰り越す際には、「申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)」も必要となります。くりっく365の確定申告のための書類を作成する手順としては、まずは「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」の記入から始めます。

 

記入方法としては、まず【取引の内容】の(種類)の欄に、「外国為替証拠金取引くりっく365」と記入するようにします。そして(決済の方法)の欄には「仕切り」と記入し、【総収入金額】【必要経費】に金額を記入して、所得金額を算出します。

 

次に、「申告書B第1表」「申告書B第2表」の作成を行います。第2表は「申告書A」とほとんど変わらないため、第2表を先に作成してから第1表を作成すると、スムーズに作成することができます。

 

記入の際には、書き方サンプルなどを参照すると便利です。第1表を記入する際には、【種類】の欄で(分離)に丸をするということがポイントとなります。

 

そして同様にして、「申告書(分離課税用)第3表」の作成を行います。くりっく365による損益にかかる税金を算出したら、あとは年度末に、源泉徴収票などの必要書類を添えて、税務署へ確定申告するだけとなります。

 

なお国税庁のサイトに設けられている確定申告書等作成コーナーを利用すると、簡単に申告書の作成や税額を算出することができます。画面の指示に従って源泉徴収票等の金額を入力して行くと、自動的に税額の算出もしてくれます。

 

作成が完了すれば、あとはプリントアウトをして、必要書類と一緒に税務署へ提出するだけとなります。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告