くりっく365のユーロ

くりっく365のユーロ

くりっく365通貨であるユーロとは、EUに加盟している27カ国中、16カ国で使用されている、統合された欧州通貨のことを意味します。正式な通貨コードは、「EUR」となります。

 

くりっく365通貨におけるユーロは、米ドルと反対の動きをしやすいというのが大きな特徴となっています。近年のユーロ圏における経済規模は、アメリカと肩を並べるほどまでに成長をしており、現在ではユーロは、米ドルに次ぐ第2の基軸通貨ともされています。

 

そのためアメリカでテロや戦争などといった有事が起きた際には、退避通貨として買われることが多くなっています。そしてこれにより、くりっく365通貨の動きも、相反するものとなる場合が多くなっています。

 

またEUR/JPYは、USD/JPYのリスクヘッジとしてもよく取引がされています。しかしここ最近は、ギリシャに端を発したEUにおける信用不安の拡大によって、退避通貨としては日本円が買われやすくなっています。

 

ですから初心者は、あまり手を出さない方が賢明だとも言えます。EUにおける経済が安定した状態であれば、ユーロは初心者にとっても、取引がしやすい通貨であるということが言えます。

 

取引を行う際には、とくにEU経済の中心国となっている、ドイツやフランスの景気状況を把握するということがポイントとなります。ドイツやフランスの景気は、為替変動に大きく変わって来ることとなります。

 

具体的にはドイツやフランスの失業率やGDP、鉱工業生産指数、生産者物価指数、消費物価指数などを、チェックするということが大切です。そしてドイツで発表される、ZEW景況感指数や、IFO景況指数を確認することも大事です。

 

ここ最近は政治的なイベントに価格が敏感に反応しやすいため、TVやインターネットなどからも、絶えず情報を収集するということが大切となります。またEUR/JPYの取引は、USD/JPYよりもスワップ金利が低いため、スワップ金利を目的とする場合には、あまりお勧めできないということが言えます。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告