くりっく365のデメリット

くりっく365のデメリット

くりっく365のデメリットには、手数料の高さや取引通貨単位の大きさ、レバレッジの低さなどがあげられます。通常の店頭FX取引では、業者によっては手数料無料で提供しているというところも多くなっています。

 

しかしくりっく365はほぼ確実に、取引に対して手数料がかかることとなります。これはFX業者などが、見えない部分で利益を得て手数料無料とするしくみを確立しているというのに対し、公的な取引所における取引では、他の部分でこっそり利益を得るというのが難しくなっているからだということが言えます。

 

しかし手数料が高いというのがデメリットに挙げられはしますが、逆を返せば、くりっく365には透明性があるということが言えます。また実際に取引を行った場合にも、かかるコストは手数料無料の店頭FX取引の方が、多くなるということも多々あります。

 

そのため手数料がかかるくりっく365は、ある意味ではデメリットにはならず、むしろメリットであるということも言えます。そして取引通貨単位は通貨ペアにもよりますが、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、スイスフラン/円、カナダドル/円、NZドル/円といった基本通貨ペアの場合で、1万通貨単位と設定がされています。

 

店頭FX取引の場合では、1,000通貨単位というところも多くなっているため、比較をすると通貨単位は大きいということが言えます。そのため取引を行うためには、ある程度の資金が必要となるということがデメリットに挙げられます。

 

そしてレバレッジに関しては、最大25倍程度までと設定がされています。これはおもに、投資家のリスクを軽減させることを目的として設定がされています。

 

しかし海外FX業者などではレバレッジ100〜500倍なども当たり前となっているため、とくにデイトレーダーにとっては効率が悪いということが言えます。くりっく365には透明性がありメリットも多くなってはいますが、稼ぎたい投資家にとっては、あまり使い勝手のよくない取引ということが言えます。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告