くりっく365の豪ドル

くりっく365の豪ドル

くりっく365で取り扱われている豪ドルとは、オーストラリアのドルのことをいいます。くりっく365の取引のなかではハイリスク、ハイリターンの高金利通貨として人気があります。

 

特に金利の低い通貨で資金を調達し、金利の高い通貨で運用するキャリートレードの手法で運用する人に人気です。日本においての人気の高さは、日豪の創造的パートナーシップを発表している腫瘍な貿易相手国であるとともに、時差がなく渡航の機会も多いことから親しみがあることも手伝っています。

 

オーストラリアは資源が豊富な国であり、日本をはじめ中国などアジア太平洋地域との結びつきが強く、中国やASEAN諸国の経済成長を支えるために大切な役割を担っています。また、農業国でもあり牛肉、乳製品、小麦などの多くを輸出しています。

 

これらのさまざまな背景から、豪ドルの価値は上昇しつつあります。ただ近年の天候不良、干ばつなどによって農業生産が受けている影響は大きく、このことが為替相場に及ぼす影響も少なくありません。

 

加えて中国の成長が頭打ちになっているといわれる現在、下落する可能性も持っています。また、オーストラリアは旧イギリス植民地であり英連邦にも属していて、イギリスと同様の金利政策を維持しています。

 

それでも地理的にはヨーロッパやアメリカと離れているため、国際的に政情不安になったときに豪ドルが上昇することも特徴です。オーストラリアの経済規模は大きくはなく、カナダと比べても半分程度であり、流通量も多くはありません。

 

そのために、ささいなことで為替レートが動いてしまうことがあるため注意する必要があります。また高金利通貨ですから、政策金利の動向が為替レートに及ぼす影響も大きくなります。

 

したがって、くりっく365で豪ドルを取引する場合には、政策金利に注目しておくことが必要です。もうひとつ豪ドル/円を取引する場合に注意しておきたいことは、クロス円の通貨ペアであるため、併せてドルと円のペアにも注目しておくことです。



くりっく365の比較表

オススメ、くりっく365業者

GMOクリック証券
GMOクリック証券で提供されているくりっく365サービスについては、投資環境が充実している点が高く評価されています。もちろん、株等と同様に手数料の他社比較での安さについても魅力的な点となっています。初回入金についても制限が課されていないので、自分のペースで取引を始める事が出来る様になっています。

GMOクリック証券

INV@ST「くりっく365」
くりっく365の市場に早くから参入しており、くりっく365のサービスを提供している業者の中では4年連続で預かり資産が、No.1となっているのがインヴァスト証券になります。サポートも手厚くセミナーも豊富。最新のツールも用意をされているので、くりっく365取扱い業者の中でも、オススメ度の高いサービスとなっています。

INV@ST「くりっく365」

FXブロードネット365
くりっく365業界初となる自動売買システムが提供されているのが、FXブロードネット365になります。通常の取引となるスタンダードコースとシステムコースが用意されているので、自分の取引スタイルに応じて選択をする事が出来る様になっています。くりっく365への参加は後発ながら、自動売買システムの好評さから、徐々に口座数を拡大している会社となります。

FXブロードネット365

GMOクリック証券
GMOクリック証券では様々な金融商品の取引が出来る総合的なネット証券会社になりますが、その魅力は手数料の安さになります。くりっく365については、後発の部類となりますが、手数料の安さによって徐々にGMOクリック証券での取引シェアも増えてきています。口座開設キャンペーンも積極的に行われているので気になる人はチェックをしてみるのが良いと思います。

GMOクリック証券

アドセンス広告